解説 行動する会を女性運動史に位置づける

執筆者: 山口智美
編集復刻版『行動する女たちの会資料集成』第1巻(2015年7月 六花出版刊)所収

<行動する会の歴史とリブ、女性学>
  「国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会」(以下「行動する会」と略す)は1975年1月13日に発足した。 市川房枝、田中寿美子両参議院議員が、国際婦人年に民間の女性たちの機運を盛り上げたいということで女性たちに呼びかけ、1974 年の秋に新宿の婦選会館で準備会が開かれた。準備会での議論をへて、行動する会は、団体の連絡会ではなく、「原則として個人参加」の会と定められた。
 初期の世話人には両参院議員に加え、評論家や弁護士、教員、主婦などのさまざまな女性たちがいた。そして、1975年9月末、NHKへ27項目からなる「要望書および質問状」を持って小野会長に面会したことや、ハウス食品インスタントラーメンCM「私作る人、僕食べる人」への抗議などが大きく報道されたこともあり、 新聞記事や集会案内等を見た事などがきっかけとなって、新たな会員も加入していった。その後、会はマスコミ、教育、労働、政治など多様な分野にわたる活動を行った。「国連婦人の10年」は1985年に終わりを迎え、会は1986年に名称を「行動する女たちの会」に変え、より若い世代が中心となった。その後も会は活動を続けたが、1996年12月に解散した。
 行動する会は、女性学の文献でも、また女性運動やウーマンリブの歴史という文脈でも、その知名度や役割の大きさに反して、驚くほどに語られてこなかった会だった。1970年代のウーマンリブ運動の歴史についての出版物も、70年代始めから半ばまでを扱うことが多く、行動する会の歴史は抜けがちだった。女性学において後に主流となった歴史記述では、1975年以降は国連の動きや外圧が強まり、行政主導の運動が盛んになり、1977年以降は女性学が生まれ発展した時代と捉えられた。こうした歴史解釈の中で、行動する会の運動の歴史は十分に顧みられず、埋もれていった。
 井上輝子さんは本資料集の解説で、行動する会を「生活者版リブの集まり」だったと表現している。本資料集第3巻収録の『女の分断を連帯に 1年目の記録』に掲載された、「明日をつむぐ女たち」は、行動する会が結成された年に、会の歴史的な位置づけを詳細に論じた大変興味深い論考であるが、そこでも 労働運動、既存の婦人運動に加え、リブ運動の流れの中で会の発足が論じられている。元会員たちに私が行った 聞き取りでは、自分をリブと自認する人とそうではないと思う人と、その人の世代や出身地など、背景状況によって様々なケースがある。 しかしながら、リブに大きな影響をうけたことを語る元会員は多く、紛れもなくリブの歴史を受け継いだ運動だったと言えるだろう。よって、リブの歴史を現在につなげるという意味においても、行動する会の歴史は外す事はできないものだといえよう。
 本資料集成は、2012年に亡くなられた吉武輝子さんをはじめ、編集委員である高木澄子さん、中嶋里美さん、三井マリ子さん、山田満枝さんら、元会員の 方々の、 歴史の欠落を埋めたいという強い思いのもとに実現したものだ。さらにたくさんの元会員の方々が、手もちの資料を共有してくれた。70年代のウーマンリブ運動のミニコミ等の資料をどう保存するのかは、紙の劣化や資料の散逸などがある中で大きな課題となっているが、行動する会の関連資料も例外ではなかった。 そうした中で、今回の復刻版資料集の出版は大きな意義がある。
 会の事務局専従を7年間にわたってつとめ、活動報告の編集も行っていた山田満枝さんは「この復刻版は私の命」と言い切った。その言葉の持つ意味は大きく、重い。このプロジェクトは「過去語り」のためだけのものではない。現在の日本社会を考えるにつけ、今だからこそ「行動する会」の活動の歴史を振り返り、そして今後の運動に生かしていくべきなのではないか。 今の運動にとっても「性別役割分業」批判や「性差別」の撤廃にこだわった、行動する会の運動は現在にも続く重要な視点を提示しているのではないか。
 では、 行動する会の 歴史の中で、とくに何が重要だったのか。 本復刻版収録の資料に加え、私自身の元会員らへの聞き取りなどの調査 も参照しつつ、以下で考察してみたい。

(まだまだつづきます。ページ移動は下にある「ページ」からどうぞ。)

広告