タグ: 『バックラッシュ!』

「ジェンダー・フリー」論争とフェミニズム運動の失われた10年

執筆者:山口智美

双風舎編集部編『バックラッシュ!なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?』双風舎、2006年 掲載論文
(1)はじめに
1995年前後は、日本の女性運動にとって、重要な転換点だった。 1994年、男女共同参画審議会が作られたことで、耳慣れない「男女共同参画」という言葉が登場し、1996年には、同審議会による「男女共同参画2000年ビジョン」と「プラン」の中で「ジェンダー」という言葉が登場した。そして、「ジェンダー・フリー」という言葉も東京女性財団 によって紹介された。同年の北京の世界女性会議会議以降、「エンパワーメント」というカタカナ言葉が流行る一方、「ジェンダー」という言葉も新聞などでちらほら見かけるようになっていた。
その一方で、この時期、「フェミニズムはおわった」「ポストフェミニズム」といったような記事もよく見かけた。 当時の私は、アメリカ・ミシガン大学の大学院生であり、96年の6月から、約3年にわたっておこなった日本の女性運動のフィールド調査を、東京で始めたところだった。 ちなみに、私が博論テーマとして選んだのは、1996年の年末に解散した「行動する女たちの会」だった。解散すると聞いて、何となく事務所の「ジョキ」を訪れて、会員の方がたと話したり、引っ越しのための掃除作業をしたり、宴会に出たりしているうちに、研究テーマに自然になってしまった。そして、メディアは会の解散を、「フェミニズム断絶の時代」のシンボルとしてあつかった。(1)同じ時期には、家庭科の男女共修をすすめる会や日本婦人問題懇話会なども解散直前の状態にあり、両団体とも間もなく解散した。
行動する会の解散の理由は複雑であり、ここでは深く言及できない。だが、行政による女性問題への進出が背景の一つとしてあったのはたしかだ。 草の根女性運動と比べて、圧倒的に莫大な予算をもつ行政が、いままで女性団体が地道に作成し、売ることで活動資金の足しにしてきたパンフレットの類いを、より大規模で、美しいカラー印刷などのかたちで無料配布してしまう。そして、 啓蒙を主目的とした行政政策にもとづき、バブル期に建設された立派な女性センターなどで、さまざまな講座が開かれるようになっていた。古い雑居ビルにはいっていた会の事務所と、立派でピカピカ光る女性センターの建物とのあまりの違いに、日本の女性運動体の状況をよく知らなかった私は驚いたものだ。
また、大学では女性学の講座が、以前よりは確実に増えていた。しかし、そういった行政や大学講座のたぐいから既存の女性運動で活動するケースはそう多くはなく、あったとしても行政の周辺への参加だった。そして、行政や女性学に批判的なスタンスで活動することが多かった「行動する女たちの会」のような団体に、新しい会員がくることはほとんどなくなっていた。会が20年間、一貫して運動の一大目的とした「性差別撤廃」という言葉は使われなくなりつつあり、一方で「男女共同参画」というわかりづらい言葉が広がりつつあった。「女たちの会」という会の名前すらも、「男女共同参画」という行政のスタンスとの違いを如実にあらわしていた。

70年代から続いた、「行動する女たちの会」などの女性団体が解散していき、「性差別撤廃」や「性別役割分担」などにかわって、「男女共同参画」、「エンパワーメント」、「ジェンダー」、そして「ジェンダー・フリー」などのわかりづらい言葉やカタカナ言葉が登場してきた転換期が、この頃だったように思う。さらに、この流れの中で主導権を握ったのが、学者がリーダーシップをとる行政プロジェクトならびに運動体になっていったのだ。これは、女性学と行政が非常に密接な関係をもったうえで、女性運動をとりこんでいった流れだともいえる。また、「男女共同参画」という言葉によって、その流れに男性学者たちも参入しやすくなっていった。
このように、従来の女性運動にかかわってきた層よりも、むしろ行政と女性学者、そして男性のジェンダー学者が組み、引っ張ってきたのが「男女共同参画」という側面がある。くわえて、現在のバックラッシュの大きな特色として、本来「安全」だったはずの行政や女性学、そしてジェンダー研究などが、「過激」として叩かれているということがあげられるだろう。

この、「フェミニズムはおわった」言説から「男女共同参画」「ジェンダー・フリー」の登場、そして「過激なフェミニズム」としてフェミニズムが攻撃されるバックラッシュへと推移した、90年代中盤からのフェミニズム運動をめぐる状況を追ってみたい。とりわけ、 ここでは95年に行政と学者によって紹介され、広げられていき、ある意味でフェミニズム・バッシングのシンボルとさえなっている、「ジェンダー・フリー」という言葉のたどった歴史に焦点をあててみたい。

まだまだつづきます。ページ移動は下にある「ページ」からどうぞ。

広告