タグ: 生活保護

家族を称える井手英策氏議論に見る危うさ 

本誌(『週刊金曜日』)12月14日号に慶応大学教授井手英策氏の著書『富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国』に疑問を提示する「富山県民座談会」が掲載され、私も参加した。その主張に対する井手氏の反論インタビューも同時に載った。ここでは井手氏の主張が孕む問題点を指摘する。
  
根本的な問題は、井手氏の表明するスタンスとその行動が矛盾していることだ。インタビューで井手氏は「保守層に利用」されることを怖れるといい、自身がリベラルの立場だと打ち出す。だが実際には保守の石井隆一富山県知事から県の基幹政策に関わる審議会のアドバイザーなど重要な委員を複数委嘱され、県主催のシンポジウムで司会をするなど井手氏は知事と緊密な関係にある。同氏は県より紹介された人脈に依存し、県のモデル事例を当該書でポジティブに紹介している。
 
次に、困窮者への視点が弱いことだ。同氏は生活保護の受給率が全国最下位であることをもって富山の住みやすさの指標としている。しかし、富山では生活保護の申請が行政に認められる率が36.2%と全国平均50%に比べ低いことが受給率の低さの一因だ。同氏は行政が保護以外の制度を紹介しており、困窮者が救済されているというが、県議会では代替制度が使いづらいと指摘され、知事も対応の必要を認めている。

第三に、ジェンダー視点がない。ジェンダー視点に基づき女性の生きづらさを主張した座談会に対して、同氏はそうした主張の根底には、男が外で働き妻が従うという固定的な家族像があるという的はずれな指摘をしている。座談会では、共働きでも家事負担の重い女性は生きづらいという例を示したのだが、同氏は共働きになれば女性の生きづらさはなくなると軽く考えているようだ。
  
さらに同氏は、「家族」をよいものとしてやたらに称揚する。危機の際には社会が「家族的なもの」に回帰するというが、根拠は示されていないし、そもそも座談会で「家族的なもの」による女性への抑圧を示したことへの反論にもなっていない。
 
井手氏のように家族の内実を問わずに家族を称揚すると、家族を打ち出し、個人主義を弱め、社会保障を削減したい保守政治家らに利用されることが危惧される。
 
また井手氏は、自身のフェイスブックの公開記事で富山座談会について「富山に住む人たちを貶める」と述べ、「廃刊になった保守系の雑誌と同じ構図」として、『新潮45』と同種の問題だとするなど、強く反発した。これは「日本を貶める」といった右翼言説にも通じ、批判を封じるものだ。LGBTへの明らかな差別である『新潮45』特集と我々を同種のものとみなすとは、論外だ。
 
井手氏の議論は、女性や弱者を軽視し、個より公共を優先する点で極めて危険だ。これを危ぶみ、富山では複数の集会が開かれる予定だ。

〜〜〜〜〜〜
本稿は『週刊金曜日』2019年2月1日号の「論争」欄に掲載された拙稿である。同誌編集部の許可を得て、こちらに再掲している。

広告

「生活保護とクィア」とフェミニズム運動

女性の貧困問題、労働問題については、フェミニズムには膨大な運動や言説の歴史がある。しかし一方で、現在のフェミニズムにおいて、この問題がどこまで主題として、あるいは主題でないにしても重要なフェミニズムの課題として認識されているかは分からない。非正規雇用がとてつもなく多い女性の労働問題に本来敏感でなければならないフェミニストもまた、NPOや大学内、その他あらゆる組織内で、労働者を搾取していることだってある。また、その中で労働者としての権利を主張することを控え、沈黙、あるいは抵抗の手を緩めているフェミニストもいる。更に、抵抗の声を上げたフェミニストに対して、その声を潰そうとしたり、懐柔しようとするフェミニストもまた、いる。そんな様子を現場で、あるいは端から見て、介入しようとしたり、介入を踏みとどまったり、あるいは目に見えない形で介入を試みるフェミニストもいる。

様々な立場の、様々な文脈での、様々な動きがあるフェミニズムにおいて、もう1つ忘れてはならないのは、そんなフェミニズムと労働・貧困問題の歴史の中で、常にクィアな女性が存在してきたということだ。

クィアな女性であることには、もちろん、「レズビアン」女性であることや、「バイセクシュアル」女性であること、「MTFトランス」であることが含まれる。もっと言えば、「レズビアン」や「MTF」、「トランス」という言葉を使わない人たちも含まれるし、積極的に「ダイク」という言葉に意味を込めて自称している人や、「女性」という名を引き受けつつ「FTX」や(最近では)「Xジェンダー」を名乗る人も含まれるだろう。逆に時代を遡れば、あるいはある種の文化の中に目を向ければ、「オナベ」「オカマ」という言葉で自らを認識している人も含まれるかもしれない(教科書的には「オナベ」や「FTX」を「女性」と呼ぶことは間違いなのだけれども)。

そして、クィアであることは、労働者としての権利をないがしろにされたり、貧困に陥ったりするということと、無関係ではない(そんなことは、これまで労働・貧困の問題に携わってきたクィアな女性にとっては、一目瞭然のことだろう)。クィアであることは、女性であることや、外国籍であること、日本語でのコミュニケーションが難しいこと、障害を持っていることなど、様々な要因がある中で、更に1つ、困難への道を開く要素となっている。

貧困の問題、非正規雇用の問題、派遣切りの問題などがメディアで取りざたされるようになってきた中で、これまでもずっと非正規雇用の割を食わされてきた「女性」の貧困問題ではなく、「これまでは正規雇用で普通にやってこれた」ような男性が新たに貧困状態に追いやられて行くことにばかりメディアの注目が集まることに、わたしたちは、強い違和感、あるいは絶望的な既視感を感じてきた。

そして、この、貧困問題や労働問題への主流な介入がすべての者を「男性」とみなした上で行われているような状況(それは必ずしも真実ではなく、女性の貧困問題に積極的に携わっている人がいることは事実だが)は、同時に、すべての者を「異性愛者の、シスジェンダーの男性」とみなすような状況であるということも、忘れてはならない。

「女性とは、誰のことなのか」と自問してきたフェミニズムは、「男」「女」という2つの立場があるという前提でのみ社会変革を試みてきたわけではない。むしろ、そういった枠組みの外に出て、積極的に多様な身体、多様な欲望、多様なアイデンティティ、多様な社会的立場の問題を考えることのできる可能性に満ちたものである。そしてそれは、現在「クィア」という言葉で表現されているような存在の仕方についても目を向けるような素地が、フェミニズムの歴史の中で生まれていたということである。

クィアとはフェミニズムのことではないし、フェミニズムとはクィアのことではない。けれど、クィアという言葉が現在のように政治的に使われだした背景にはフェミニズムの存在が大きかったというのも事実であり、反対にクィア運動や理論によってフェミニズム思想が大きな影響を受けてきたことも事実である。

以下に紹介する拙稿「生活保護とクィア」は、下書きの段階では「LGBTなどを含むクィアな人々」を読者層と想定して書いたが、掲載先のシノドスの編集を経て、必ずしもクィアの問題に詳しくない人であっても社会保障に関心がある人に読んでもらえるのではないかという文章になった。しかし、いくつかある後悔のうちの1つは、フェミニズム運動・女性運動や思想にきちんと言及しなかったことだ。

そこで、ここに紹介することで、クィアと生活保護の問題が、フェミニズム運動の歴史ともつながっていること、フェミニズム運動の中にも常に存在した問題であったことなどを、強調しておきたいと思った。

シノドスに掲載されたことで、クィアの問題に関心がある人だけではなく、様々な人に読んでもらうことができた。そして、現在LGBT運動に携わっている人からの反応も頂けた。ここで更に、フェミニズムの歴史に詳しいと自信をもって言うことなど到底できない私の文章に、フェミニズムに携わっている人、フェミニズムとともに歴史を歩んできた人などから、フィードバック、突っ込みなどが頂けたら、と思っている。

「生活保護とクィア」 http://synodos.jp/society/4252